アメリカンコッカースパニエルは皮膚、目、耳の感染症に注意が必要

アメリカンコッカースパニエルの激怒症候群には注意

アメリカンコッカースパニエルは、イギリス産種と比較してこぶりな体格ですがとても強健な犬になります。

スパニエルのもつ特有の人懐こさと元気さを持っています。人気のある犬種ですので、とてもよい番犬になってくれます。
アメリカンコッカースパニエルオスの大きさは、33~41cm程度で体重は11~16kgとなります。
また、メスの場合では、大きさは30~38cmで、体重は9~14kgとなります。

被毛のカラーは、ブラック、ブラックとタンの黄褐色、単色、2種が混ざり合ったパーティカラー、3種が混じり合ったトライカラー、白色と色毛が混ざったローンなどがあります。

被毛は絹糸のようにとても細く頭部は短髪で胴体にいくほど長くなっています。

アメリカンコッカースパニエルの性格ですが、とても利口で反応においても早い対応します。気立てもよく陽気で人なつこい性格です。

ただし、イングリッシュコッカースパニエルと同様で、激怒症候群の傾向が見られる犬もいます。遺伝的な行動障害を起こし、これが原因して攻撃的になってしまうそうです。

アメリカンコッカースパニエルは運動が大事

被毛が長い場合は、こまめにブラッシングを行ってください。また、定期的なトリミングも必要です。
散歩の際には、草むらや藪などの被毛がからまるような場所は避けてください。
アメリカンコッカースパニエルはスタミナがある犬ですので、規則正しい運動が必要です。
また、健康面では、皮膚病や目、耳の感染症などに注意してあげましょう。