ボーダーコリーの飼い方、目や関節の病気に注意

ボーダーコリーの特徴と大きさ、色

ボーダーコリーはイングランド北部の地域で牧羊犬として作りだされたとされています。そのスピードとスタミナは並はずれたものを持っています。ボーダーコリーはとても筋肉質で引き締まった体型をしています。

ボーダーコリーの体格は、オスの場合46~53cmで体重は14~20kg、またメスの場合では、43~51cmで体重は12~19kgと大型犬になります。今やボーダーコリーは世界中でペット犬として大人気の犬種となります。人を喜ばすことが大好きな犬なんですね。

被毛のカラーは、一般的には黒と白の組み合わせが多くみられますが、トイカラーや白斑のあるブルー・マールなどもあります。長さは中間のダブルコートになります。艶やかな被毛を維持させるためにも、定期的なブラッシングやコーミングを行うといいですね。

特に、柔らかい下毛が生え換わる時期には、念入りなお手入れをしてあげましょう。ちなみに、密集した下毛にダニなどの虫がつくと見つけにくくたいへんなことになってしまいますよ。

また、入浴やドライシャンプに関しては、必要な時にだけ行うといいですね。

ボーダーコリーの健康トラブルに注意

ボーダーコリーは泳ぎも大得意でボールの追いかけっこも大好きです。
活発な犬だけに、運動量は必要になってきます。十分な運動をさせないと退屈を起こして問題行動に走ることがありますので、注意してください。
また、太り過ぎると動きが鈍くなりますので配慮した生活を送るようにしましょう。

健康面では、目や関節の病気に注意してあげてください。