ボストンテリアの病気と健康、呼吸障害に注意。難産になりやすい。

ボストンテリアは闘犬用として作られた

ボストンテリアの直接の祖先は、フレンチ・ブルドック、イングリッシュ・ブルドック、そしてホワイト・イングリッシュ・テリアとなります。

とても引き締まった筋肉質の体型を持ち、顔は、幅広の短い鼻づら、幅広の目、短い立った耳、ととても面白い顔をしています。

成犬だと体長は28~38cmで体重は7~11kg程度になります。

被毛のカラーは、黒がブリンドルですが、どちらも白斑があります。

被毛は短毛で細くツヤがありとても滑らかなので、お手入れもとても楽です。

硬めの獣毛ブラシを使ってブラッシングをしてあげてください。
入浴は必要な時で大丈夫です。

ボストンテリアはアメリカで非合法の闘犬用として作られました。ですが、闘争心が人に対して向けられるといったことはありません。

ボストンテリアは世話がしやすく飼いやすい

ボストンテリアはとても優れた番犬になってくれます。何と言ってもとても賢くて世話がしやすく飼いやすい犬種となります。性格もとても愛嬌があって大きさも手ごろなので、ボストンテリアはペットとしてはとてもおすすめできる犬種です。家族にもよく馴染んでくれます。遊び好きです。

定期的な散歩を行ってください。庭など自由に走りまわれる環境があればよりいいですね。

健康面では、鼻ずらが短いため、過激な運動の後に呼吸障害を起こしやすいので要注意です。目が飛び出しているので、目にダメージをおこしがちになります。

また、比較的骨盤が小さいため、難産になりやすいです。