ゴールデン・レトリーバーの飼い方、目の病気やアレルギー性の皮膚炎に注意

ゴールデン・レトリーバーは定期的にブラッシングを

ゴールデン・レトリーバーは大型犬ですが、温厚でおとなしく、とても愛情深い犬種で多くの人から愛される犬です。
ゴールデン・レトリーバーの祖先に関しては、はっきりしていませんが、レトリバー(回収犬)、ウォーター・スパニエル、ブラッドハウンドのそれぞれの特徴を持ったとても有能な銃猟犬で追跡能力はとても定評があります。

体型は、オスの場合56~61cm、体重は27~36kg,またメスの場合では、51~56cm、体重はオスより少し軽く25~32kgとなります。

ゴールデン・レトリーバーはとても滑らかな二層になった短髪の被毛で、しっかりとした毛のあるブラシで定期的にブラッシングするだけの簡単お手入れになります。

ただし、その際には、下毛は密毛なので念入りに行ってください。

被毛のカラーは、さまざまな色合いのゴールドやクリーム色となります。とても豊かな飾り毛を持っています。

ゴールデン・レトリーバーはお利口でお行儀がよく飼いやすい

ゴールデン・レトリーバーはとてもお利口でお行儀もできます。しつけもしやすく忍耐強い性格をしています。

子供にも優しくいきなり襲いかかることもありませんんで、ご家庭でも安心して飼う事ができますよ。

ですが、見知らぬ人が近づいてきたり、侵入した際には、大声で吠えてくれますのでとても良い番犬になってくれます。

運動はできれば毎日の散歩は長めにしてあげて、可能なら自由に走り回れるような場所を与えるといいですね。

食事に関しては特に配慮は入りません。

健康面では、遺伝性の目の病気やアレルギー性の皮膚炎・股関節形成不全などになりやすいので注意してあげましょう。