シェルティーの愛称で親しまれるシェットランドシープドッグは吠えすぎに注意

シェットランドシープドッグの性格と特徴

小型のコリーに良く似た愛称“シェルティー”で親しまれているシェットランドシープドッグは、容姿端麗でとてもお利口な犬種です。

シェットランド諸島では牧羊犬として飼われていたと言われています。

被毛のカラーは、一般的にはブルー・セーブル・マール・トイカラー・黒と白・黒とタンとなっています。

体格は、オスの場合33~38cmで体重は6~8kg、またメスの場合では、30~36cmで体重は5~7kgとなります。

シェットランドシープドッグの性格は、とても警戒心が強く飼い主の要望を敏感に察知することができる利口な犬です。

ただし見知らぬ人には臆病になることもあります。

家族の一員としてとてもよく溶け込んでくれますが、ときおり、吠えすぎが問題になることもあります。

シェットランドシープドッグの病気は白内障や皮膚炎に注意

シェットランドシープドッグは、健康面でも比較的丈夫で軽量とあって、足も速くとてもすばしっこいです。

シェットランドシープドッグはとても活発ですので、十分な運動を必要とします。
できれば、リードをつけずに自由に走り回れる環境を与えてあげるといいですね。

お手入れに関しては、毛が長い為定期的なブラッシングをしてあげましょう。水で少し毛を濡らした状態でブラッシングするとお手入れがしやすいですよ。
入浴やドライシャンプに関しては、必要な時にだけ行うといいですね。

ちなみに、シェットランドシープドッグの被毛は春と秋の年に2回生えかわります。

健康面に関しては、白内障や皮膚炎、肝臓に注意しましょう。